お役立ち情報

海外旅行に持っていくべきクレジットカード7選!選ぶ基準なども解説

投稿日:

こんな方におすすめ

  • そもそも海外旅行にクレジットカードは必要?
  • カードの種類が多すぎてどれがいいかわからない

海外旅行に行くので、クレジットカードを作ろうと思うんだけど、上記のような悩みがある方はいませんか?

そこでこの記事では、海外旅行にクレジットカードが必要な理由や、持っていくべきおすすめのクレジットカードを紹介します。

クレジットカードの選び方なども紹介しているので、ぜひご覧ください。

海外旅行にクレジットカードは必要か?

Processed with VSCO with a5 preset

結論から先に言うと、海外旅行にいく際はクレジットカードを絶対に持っていくべきです。

しかし「クレジットカードって危なくない?」「現金でいいんじゃないの?」と考える方も多いのではないでしょうか。

そこで海外旅行にクレジットカードを持っていくべき理由である

  • 海外はカードがないと支払えないところが多い
  • 現金を持って歩くより安全
  • 信用力を証明できる

これら3つを解説します。

海外はカードがないと支払えないところが多い

最近でこそ日本でもキャッシュレスが浸透してきましたが、海外ではずっと前からキャッシュレス化が進んでいます

特に韓国などでは日常の買い物を現金で支払う人は1割で、9割の人がキャッシュレスで支払っています。(日本は約2割)

9割がキャッシュレスと言う状況なので、お店によっては現金お断りというお店も珍しくはありません。

そのほかの国でも、イギリスで約7割、オーストラリアで約6割、アメリカで約5割の割合で、キャッシュレス決済が行われており、現金で支払えない店も数多く存在しています。

これらのことから、クレジットカードを持って海外に行かないと、買いたいのに買えないといった状況になってしまう可能性があるのです。

現金を持って歩くより安全

クレジットカードを海外で盗まれたり、支払い時に情報を抜き取られるのでは?と、クレジットカードを海外に持っていくのが危ないと考えている方はいませんか?

実は、海外では現金を持って歩いている方が圧倒的に危険です。

なぜなら、現金を奪われたらそれで終わりですが、カードを奪われたり情報を抜かれたりしても、カード会社に電話してカードを無効にしてしまえば、損失を最小限に抑えることができるからです。

なので、現金でしか支払らうことができない場所(ごくわずかですが)用に最小限の現金を持ち、あとはカードだけ持っておくというのが、安全なスタイルと言えます。

信用力を証明できる

クレジットカードのCreditというのは「信用」という意味です。

日本ではあまりクレジットカードを「信用」を証明するものとして扱われていないのでイメージしずらいですが、海外ではクレジットカードを持っていることで、支払い能力がある人と見なされます

特に海外のホテルでは、チェックイン時にクレジットカードの提出を求められることが多いです。

これは、ホテルに泊まる時にちゃんとホテル代金を支払えますよ、と証明するためにクレジットカードを使って証明する動作になります。

もしホテルチェックイン時にクレジットカードを提出できない場合、信用力を証明できないためホテルにチェックインできなくなる場合あります。

現地についてせっかくゆっくりできると思ったのに、ホテルにチェックインできないとかなり辛いので、そうならないためにも海外にいく際にはクレジットカードがを持っていきましょう。

海外旅行に持っていくクレジットカードはどのように選ぶべきか?

次に、たくさんあるクレジットカードの中から、持っていくべきカードはどういった基準で選べば良いのかを解説していきます。

具体的には

  • 国際ブランドで選ぶ
  • 海外旅行保険の充実さで選ぶ
  • 付帯サービスの充実度で選ぶ

これら3つを紹介します。

国際ブランドで選ぶ

国際ブランドとは

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AmericanExpress

などのことを言います。

なぜ、この国際ブランドが選ぶ基準となるかというと、例えば何も考えずJCBのカードを持って海外に行ってしまうと、使える場所が少ないと言うことになってしまうからです。

JCBは日本では当たり前のように使えますが、海外では(特にアジアを離れると)使えないところが多いです。

そのため海外に行くときはVISAを選ぶようにします。

なぜなら、VISAは世界一の加盟店数を誇っているため、VISAが使えてJCBが使えないということはありますが、JCBが使えてVISAが使えないところはほとんどないからです。

ではなぜJCBなど他の国際ブランドが存在するのか?

VISAのクレジットカードがあれば、ほとんどの場所で決済できるのであれば、なぜほかに国際ブランドが存在しているの?という疑問を持った方がいるかもしれません。

理由としては、例えばJCBのカードを持っていれば、海外にあるJCBプラザと言うところで日本語で観光案内をしてもらえたり、決済とは別のサービス特典が付いているからです。

また、できるだけJCBのポイントを貯めたいので、使えるところはJCBで、使えない場合のみVISAで支払うといった使い方をしている方も多数いらっしゃいます。

海外旅行保険の充実さで選ぶ

実は、クレジットカードには海外保険が付帯されている場合が多く、海外保険を契約しなくてもそのカードを持っているだけで保険金が支払われるというサービスが付いています。

その海外保険の充実さで選ぶという基準です。

例えばアメリカンエキスプレスゴールドカードは旅行保険が最高1億円支払われるのですが、通常のアメリカンエキスプレスカードは最高5,000万円となっています。

ですので、旅行保険を充実させたいと言う方は、この場合ゴールドカードの方を選ぶ方が良いということになります。

また、クレジットカードの旅行保険には自動付帯と利用付帯というものがあり、この知識を知っておいた方が良いです。

自動付帯・・・そのクレジットカードを持っているだけで旅行保険が適用される

利用付帯・・・そのクレジットカードで旅行代金などを決済した場合のみ適用される

付帯サービスの充実度で選ぶ

クレジットカードによっては、支払い機能、旅行保険に加えて、様々なサービスが付帯している場合はあります。

例えば手荷物無料宅配サービスというものがあり、旅行出発時の家から空港までと帰宅時の空港から家まで、キャリーケースを無料で配送してくれるというサービスです。

キャリーケースは邪魔で、旅行帰り疲れている時に持ちたくないと考えている方は、そういったサービスが付帯しているクレジットカードを選ぶということになります。

もう1つ代表的なサービスを紹介すると、空港ラウンジサービスなどもそうです。

ラウンジが利用できれば、空港で飛行機を待っているあの長い時間を、コーヒーや軽食を落ち着いた部屋で飲食してゆったりと待つことができるようになります。

主にゴールドカードにそのサービスが付帯していることが多いですが、そういった旅行をより充実させてくれるカードの選び方もあるのです。

カードのセキュリティの強さで選ぶ

そんなに頻繁にはないですが、クレジットカードの情報を抜かれたりして、不正利用されることに繋がる可能性は0ではありません

そのため、クレジットカードのセキュリティが強いカードを選ぶという基準があります。

カードのセキュリティが強いと、そもそも情報が抜かれにくいというシステム構造になっていたり、不正利用されてもすぐにカード会社が気づける仕組みなっています。

参考

すぐに気づくことができれば、すぐに不正利用に対処できるため、被害を最小限で抑えることが可能となります。

また、セキュリティが強いクレジットカードは、不正利用で使われたお金を全額補償してくれることが多いです。

海外旅行に持っていくべきおすすめクレジットカード7選

では実際に、海外旅行に持っていくべきおすすめのクレジットカードを紹介したいと思います。

  • 三井住友VISAクラシックカードA
  • 楽天カード
  • ANA VISA 一般カード
  • JALカード
  • アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)
  • JCB一般カード
  • エポスカード

こちらの7つを紹介します。

三井住友VISAクラシックカードA

三井住友VISAクラシックカードは、まずこれを持っておけば大丈夫というクレジットカードです。

国際ブランドがVISAなので、使えるところがかなり多いです。

また、このカードを発行している三井住友カードは世界基準で、セキュリティが高い会社と言われています。

つまり、どこでも使えて、セキュリティも強いということで、安心して決済できるクレジットカードの代表です。

しかも、カードに付帯している海外旅行保険も最高2,500万円の補償と、かなり充実しているのでおすすめです。

楽天カード

楽天スーパーポイントが貯まるカードなので、すでに持っている方もいるかもしれませんが、この楽天カードは旅行の時にもおすすめのカードなんです。

例えばWi-Fiレンタルをする際の手数料が0円になったり、往復300円支払えば荷物を家から空港まで運んでくれたりするサービスが付帯されています。

そのほかにも、海外での支払いでも楽天スーパーポイントが貯まるのも嬉しいですよね。

海外旅行保険も最高2,000万円補償してくれるので、安心してお得に旅行をすることができるカードなのでおすすめです。

ANA VISA 一般カード

ANA VISA 一般カードはANAマイルを効率的に貯めることができるカードなので、ANAを使って旅行をすると言う方は特におすすめです。

ANAの飛行機に乗る際に通常のマイルより10%分マイルが加算されたり、ANA系列の免税店や機内販売で10%offなど、ANAファンには外せないクレジットカードです。

旅行保険は最高額が1,000万円と少し低めですが、1,000万円全額自動付帯で加算されているので、持っているだけで保険となってくれる優秀なカードです。

また、実はこのANAカードは三井住友カードが発行しているので、セキュリティも万全という面でもかなりおすすめできます。

JALカード

JALカードはANAカードとは反対に、JALのマイルを効率的に貯めたい方向けのクレジットカードです。

JALの飛行機に乗る際に通常のマイルより10%分マイルが加算されたり、JAL系列の免税店で買い物をする時に10%offになったりします。

また、国際ブランドをアメリカンエキスプレスにして発行すると、海外旅行保険が3,000万円も補償されるため、かなり手厚いカードなのでおすすめです。

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)はその名の通り、アメリカンエキスプレスが発行しているカードです。

アメリカンエキスプレスは、クレジットカードの中でもトップクラスに旅行に強いと言われていて、旅行者には嬉しいサービスが充実しています。

例えばゴールドカードではないのに、空港ラウンジに入ることができるというサービスだったり、手荷物無料宅配サービスが付いていたりなど。

さらに、海外旅行保険も最高5,000万円と、今回紹介している他のカードの2,000万円などを優に超える補償が用意されています

JCB 一般カード

JCB 一般カードは国際ブランドとしてもちろんJCBが搭載されています。

この記事の「国際ブランドで選ぶ」というところで、あまりJCBは使えるところが少ないということをお伝えしたばかりなので、おすすめなの?と思う方もいると思います。

しかし、JCB優待というものがあり海外現地にあるJCBプラザというところで、日本語で観光案内を無料で受けることができたり、お店の予約をしてくれたりするのです。

そういった充実のサービスを受けることができるため、旅行時に持っておくだけでも便利なカードとなっています。

エポスカード

エポスカードは百貨店のマルイが発行するクレジットカードです。

エポスカードの最大の魅力は、年会費が無料なのに最高2000万円の旅行保険が自動付帯されるという点です。

利用付帯で2,000万円保証されることも年会費無料カードにしては優秀な部類に入るのに、自動で付帯されるのはかなり優秀と言えます。

海外旅行にいく際に、サブカードとして持っていくカードとして最有力候補に挙がるクレジットカードです。

海外旅行でクレジットカードを利用する際の保険について

よく、クレジットカードに海外旅行保険が付いているのなら、別途海外旅行保険を保険会社を利用して契約しなくてもいいんですか?ということを聞かれます。

その答えはクレジットカードだけでも大丈夫だが、1枚じゃ足りない可能性大です。

実は、クレジットカードには1,000万円とか2,000万円の旅行保険が付いているのですが、怪我や病気をした際に支払われる治療費用に関しては50万円や100万円しか支払われないケースが多いのです。

50万円や100万円では、手術をするような場合ですと盲腸などしか治せないので、他に重大な怪我をしてしまった場合は全然足りないという事態になってしまいます。

ただ、クレジットカード付帯の海外保険は合算することができるので、2枚3枚と持っていくと、治療費も200万300万円と上がっていきます。

そうすれば、別途海外保険を保険会社で頼む時と同じ水準に近づけることができるのです。

海外旅行、海外留学へ行く学生におすすめのクレジットカードは?

クレジットカードの中には、学生向けに作られているカードが存在します。

また、学生が旅行に結構いくことから、保険料も充実していることが多いです。

そんな学生専用クレジットカードの中から、おすすめのものから

  • 学生専用ライフカード
  • セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード

こちらの2つを紹介します。

学生専用ライフカード

ライフカード株式会社が発行するライフカードは、充実した海外旅行保険と、海外で使うとお得になる特典が付いていることで人気を集めています。

海外旅行保険に関しては、最高2,000万円の補償、治療費も200万円と、年会費を支払うカード並みの補償が用意されています。

また、海外でライフカードを利用すると、5%のキャッシュバックを受けることができるサービスが付いています

旅行にいく時間はあるけど、自由に使えるお金があまりない大学生にとって、すごぐありがたい1枚なのです。

セゾンブルー・アメリカンエキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカンエキスプレス・カードは株式会社クレディセゾンが発行するアメリカンエキスプレスのカードです。

アメリカンエキスプレスのカードは通常年会費が10,000円以上することも多いのですが、このカードは26歳になるまで年会費無料で持てます。

なのに、旅行保険も最高3,000万円、治療費も300万円といった充実ぶりは変わりません。

また、アメリカンエキスプレスはハイクラスな人が持つイメージがあるため、それを学生で持つことができるだけでも価値のあるカードと言えます。

-お役立ち情報
-

Copyright© ゆるとりっぷ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.