お土産

【2019年】京都のおすすめお土産20選!食べ物以外のかわいい雑貨も徹底調査!

更新日:

こんにちは!はむでございます。

毎年多くの観光客が訪れる京都。日本で一番人気の観光地としても過言ではありません。

今回はそんな気になる京都の「お土産」について徹底調査。

たくさんのお菓子や可愛い雑貨のお土産がある京都ですが、その中でも特に人気のお土産を20選、食べ物と雑貨でそれぞれ分けてまとめてみました。

販売店や営業時間についてもまとめてみましたので、これから京都へ行く方は是非参考にしてみて下さいね!

【雑貨編】京都で絶対に手に入れたい!かわいい雑貨のお土産10選!

1、【よーじや】あぶらとり紙

出典:https://www.yojiyacosme.com/

まずは京都の美粧品のブランドとして有名な「よーじや」のあぶらとり紙。

よーじやは明治時代から100年以上に渡り京化粧の伝統を継承しており、あぶらとり紙は油分の吸収がとてもよく人気商品となっています。

自分自身で愛用してリピートする方も非常に多く、京都の定番のお土産の一つです。

主な販売店 よーじや祇園店
所在地 京都市東山区祇園四条花見小路東北角
アクセス 京阪電車「祇園四条駅」→四条通りを東へ徒歩5分
営業時間 10:30~20:00
ホームページ https://www.yojiya.co.jp/store/gion/

2、【SOU・SOU】足袋

 

この投稿をInstagramで見る

 

SOU・SOU 足袋さん(@sousou_tabi)がシェアした投稿 -


地下足袋や和服など、新しい日本文化の創造をコンセプトに商品の制作、販売をしている「SOU・SOU]。

伝統的な素材、技法を駆使しながらも現代を意識したポップなデザインで人気を集めており、中でも足袋は日本の履物としても世界中のクリエイターから賞賛を浴びるほど。

日本だけでなく、海外の方にもお土産として喜ばれています。

主な販売店 SOU・SOU  足袋
所在地  京都市中京区新京極通四条上ル中之町583-3
アクセス 市バス「四条河原町」下車→徒歩約5分
営業時間 11:00~20:00
ホームページ https://www.sousou.co.jp/

3、ちりめん細工館・飾り物

 

この投稿をInstagramで見る

 

AYAさん(@0aya0_0sai0)がシェアした投稿 -

江戸時代から受け継がれ、特に関西では長く愛され続けてきたちりめん素材。

その繊細な技術によって生み出されるちりめんは、本来高級な呉服や風呂敷に使われることが多いですが、その素材に注目し、さまざまなお細工もの商品として取り扱っています。

その巧みな技法と可愛らしいデザインで人気を集めており、贈り物や旅のお土産にはピッタリです。

主な販売店 ちりめん細工館 嵐山本店
所在地 京都市右京区嵯峨天龍寺造路町19-2
アクセス 京福線嵐山駅から徒歩1分
営業時間 10:00~18:00
ホームページ http://www.chirimenzaikukan.com/shop_info/

4、かつら清老舗・つげ櫛

 

この投稿をInstagramで見る

 

京都・祇園 かづら清老舗さん(@kazurasei_official)がシェアした投稿 -

慶応元年より女性の髪まわりの小物づくりを営んでいる「かつら清老舗」。かんざしや髪飾り、美容液など数多く取り扱っている老舗店です。

特に伝統的な技法を用い、職人の手で念入りに作成される櫛は大人気。漆を塗っては研ぎを繰り返し完成までに三か月を費やす櫛からは、とても上品な雰囲気が感じられます。

女性の方、女性へのお土産を探している方には特におすすめです。

主な販売店 かづら清老舗 祇園本店
所在地 京都府京都市東山区四条通祇園町北側285
アクセス 京阪電車「祇園四条駅」下車、徒歩5分
営業時間 10:00~19:00
ホームページ https://www.kazurasei.co.jp/

5、陶あん(とうあん)・清水焼

 

この投稿をInstagramで見る

 

陶葊 錦小路店さん(@touan_nishikikoji)がシェアした投稿 -

陶あんの清水焼は大正11年から伝統を受け継ぎ、職人の手によって作られていることで有名です。

昔ながらの老舗ではありますが、お皿や土鍋など現代の人にも喜ばれるオシャレなデザインの商品がたくさん販売されています。

他にも本店では予約をすれば陶芸の体験もできたりするので、観光の記念に体験してみるのも良いかもしれません!

主な販売店 陶あん 本店
所在地 京都府京都市東山区泉涌寺東林町38
アクセス JR「東福寺駅」より徒歩15分
営業時間 9:00~17:00
ホームページ http://www.touan.co.jp/jp/index.html

6、永楽屋・手ぬぐい

出典:http://eirakuya.jp/

江戸時代より約400年にわたり絹布商品を取り扱う永楽屋は、手ぬぐいや風呂敷を取り扱っている老舗店。

その中でも永楽屋独特の美しい柄で彩られている手ぬぐいは評判が高く、四季に合わせて様々な風景を思い浮かべることができるデザインは、まさに圧巻。

手ぬぐいは利用用途も多いので、一枚購入しておきたいところですね。

主な販売店 永楽屋 細辻伊兵衛商店「祇園店」
所在地 京都市東山区四条通大和大路東入祇園町北側242
アクセス 京阪電車「祇園四条」駅→徒歩1分
営業時間 11:00~20:00
ホームページ http://eirakuya.jp/

7、京都ちどりや・フェイスパウダー

出典:http://www.kyotochidoriya.com/

京都ちどりやはオーガニック化粧品や和装小物などを取り扱っています。

特に人気の商品であるフェイスパウダーは、自然食品である葛粉を繰り返し精製、乾燥させ添加物が一切含まれていない商品。

そのため人の体への刺激が少なく、お肌に優しい面からも喜ばれています。

主な販売店 京都ちどりや 銀閣寺店
所在地 京都府京都市左京区浄土寺上南田町65-1
アクセス 京都駅より市バス100番 「銀閣寺前」下車→徒歩5分
営業時間 10:00〜18:30
ホームページ http://www.kyotochidoriya.com/

8、カランコロン京都・がま口

 

この投稿をInstagramで見る

 

カランコロン京都 公式さん(@karancolon__kyoto)がシェアした投稿 -

こちらはがま口や布小物を取り扱うお店。

その時々のイベント、四季などに合わせつつも京都らしさをしっかりと残した商品を作成しており、中でもがま口は使い勝手も良く、人気の商品となっています。

お土産を買うなら普段から使うものが良いな。という方は一度立ち寄ってみることをおすすめします!

主な販売店 カランコロン京都 本店
所在地 京都市下京区四条通小橋西入真町83-1
アクセス 京急京都線「河原町駅」→徒歩3分
営業時間 10:30~20:30
ホームページ https://kyoto-souvenir.co.jp/

9、京こもの衣笠・ねじり箱

出典:https://kyoto-kinugasa.co.jp/

普段使いができるピアスやお香、扇子などの商品を取り扱っており、人気の観光エリア「きぬかけ路」エリアにあるお店です。

色とりどりの様々な小物も魅力的ですが、中でもねじり箱はお土産として購入する方が多い商品。その名の通り左へねじりながら開ける仕組みとなっており、中には良い香りのする「におい袋」が入っています。

買ったアクセサリー入れとして合わせて購入もするのもありですね。

主な販売店 京こもの衣笠 竜安寺前
所在地 京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町5
アクセス JRバス高雄・京北線「栂ノ尾・周山行」竜安寺前→徒歩2分
営業時間 9:30~17:30
ホームページ https://kyoto-kinugasa.co.jp/

10、京都しゃぼんや・石鹸


出典:https://https://kyoto-kinugasa.co.jp/

京都しゃぼんやは他のお土産とは少し違い、「石鹸」を取り扱っているお店です。

京都しゃぼんやの石鹸は食物油や香料を厳選、皮膚への影響が少ないものを使用しており、香料はほとんどがオーガニックのものとなっています。

こちらも本店では石鹸づくりの体験や一休みできる足湯カフェも楽しめるようになっているので、立ち寄ってみる価値ありです。

主な販売店 京都しゃぼんや 三条本店
所在地 京都市中京区三条通桝屋町55番白鳥ビル1階
アクセス 地下鉄烏丸線烏丸御池駅→5番出口から徒歩5分
営業時間 10:00~19:00
ホームページ http://shabonya.com/

 

【食べ物編】京都で絶対に手に入れたい!おいしい食べ物のお土産10選!

1、阿舎利餅本舗・阿舎利餅

出典:https://www.takashimaya.co.jp/shopping/

こちらはお土産の定番となっている大人気の商品。

餅製の生地の中に大納言小豆のつぶ餡がたっぷりと入っており、もちもちした触感を楽しむことができます。

かなり人気のお菓子となっているので、売り切れになっている光景を見かけることも多いです。

複数の店舗で販売されているので、売り切れでもいくつかのお店をまわってみると良いかもしれません。

主な販売店 京都駅観光デパートポルタ店
所在地 京都府京都市南区東九条上殿田町52 KKDビル
アクセス JR京都駅から徒歩1分
ホームページ http://www.ajyarimochi.com/index.html

2、出町ふたば・名代豆餅

 

この投稿をInstagramで見る

 

@shrn_6がシェアした投稿 -

 

出町ふたばの豆餅は創業100年以来昔ながらの手法で作り続けられている名店であり、店の前には一時間待ちの行列が!なんてこともよくある光景です。

人気商品である豆餅は塩分がほどよく効いており甘すぎず、舌触りもとてもなめらかで食べやすくなっています。

注意する点は賞味期限。当日中に食べなければならないので、そのまま旅行を終えて帰るという場合に購入するか、その場で食べてしまう方が良いでしょう。

主な販売店 出町ふたば 本店
所在地 京都府京都市上京区出町 今出川上ル青龍町236
アクセス 京阪電車「出町柳駅」→徒歩5分
営業時間 8:30~17:30

3、緑寿庵清水・金平糖

出典:http://www.konpeito.co.jp/

金平糖の老舗として有名な「緑寿庵清水」。1847年に創業以来、現在では60種類にも及ぶ金平糖を作っています。

見た目も鮮やかで味にも評判があり、金平糖は子供でも食べやすいものとなっていることから、お土産として誰かにあげる時でも喜ばれやすい商品となっています。

それなりに甘いので、甘い物が苦手な方には向かないかもしれませんが、お土産としてオススメです。

主な販売店 緑寿庵清水
所在地 京都市左京区吉田泉殿町38番地の2
アクセス 京阪電車「出町柳駅」→2番出口から徒歩10分
営業時間 10:00~17:00
ホームページ http://www.konpeito.co.jp/

4、京ばあむ

出典:http://www.otabe.jp/shopbrand/017/O/

 

京都産の豆乳と国産100%の小麦粉を使って作られるバームクーヘンの「京ばあむ」。

抹茶生地には宇治抹茶を使用しており、京都らしい抹茶の風味を楽しむことができます。

上品な味や切り分けて食べることも考えると、家族と一緒に住んでいる方などにあげると特に喜んでもらえるかもしれません!

主な販売店 京ばあむ 祇園北店
所在地 京都府京都市東山区祇園町北側248
アクセス 京阪電車「祇園四条駅」→徒歩3分
営業時間 10:00~20:00
ホームページ http://kyobaum.shop/

5、祇園辻利・つじりの里

出典:http://www.giontsujiri.co.jp/gion/

祇園辻利は1860年に宇治茶の製造と販売を始め、今では宇治茶製品を使ったスイーツなども取り扱うようになっています。

つじりの里は抹茶菓子であり、外側のサクサクした生地の中に抹茶クリームが入っています。

包装紙のおしゃれで小分けに入っているので、職場や学校へのお土産としてもおすすめですよ!

主な販売店 祇園辻利 祇園本店
所在地 東山区四条通祇園町南側 573-3
アクセス 京阪電車「祇園四条駅」徒歩3分
営業時間 10:00~21:00
ホームページ http://www.giontsujiri.co.jp/gion/

6、クロッシェ・京あめ

出典:http://crcht.com/products/58468405.php

クロッシェは京都の伝統と技術で作られる数多くの「京あめ」を取り扱うお店。

販売されているあめはどれもデザインに凝っており、30種類ほどの種類もあり品ぞろえも豊富。

可愛らしさときれいさが大きな特徴なので、女性へのプレゼントとしても喜ばれるかもしれません。

主な販売店 Crochet 京都本店
所在地 京都市下京区綾小路富小路東入塩屋町69
アクセス 阪急京都線「河原町」→徒歩5分
営業時間 10:30~19:00
ホームページ http://crcht.com/

7、井筒八ツ橋本舗・八ツ橋

出典:https://www.yatsuhashi.jp/index.html

京都のお土産といえばまず思い浮かべる方も多い「八ッ橋」。

井筒八ッ橋本舗は八ッ橋を取り扱う老舗であり、販売されている「井筒八ッ橋」は京都の名物にもなっているほどの人気です。

パリッとした触感とニッキの香りが香ばしく、ちょっとした時にも食べやすいお土産です。

主な販売店 井筒八ツ橋本舗 祇園本店
所在地 京都府京都市東山区川端通四条上ル
アクセス 京阪電車「祇園四条駅」→徒歩2分
営業時間 10:00~21:00
ホームページ http://yatsuhashi.co.jp/

8、中村藤吉・生ちょこれーと

出典:https://store.tokichi.jp/

宇治にあるお茶の老舗である中村藤吉の作る生チョコレート。

くちどけの良さと程よい抹茶の味が食べやすく、甘い物が苦手な方でも食べれてしまうようなスッキリとした作りになっています。

抹茶の味以外にもほうじ茶の味も用意されており、どちらもお土産として高い人気があります。

主な販売店 中浦藤吉 宇治本店
所在地 京都府宇治市宇治壱番十番地
アクセス 京阪電車「宇治駅」→徒歩10分
営業時間 10:00~19:00(カフェは受付終了17:30)
ホームページ https://www.tokichi.jp/

9、麩嘉(ふうか)・麩嘉饅頭

 

この投稿をInstagramで見る

 

麩嘉錦店さん(@fuka_nishikimise)がシェアした投稿 -

こちらも200年程続いている有名なお店。料理に使う生麩と饅頭を取り扱うお店です。

こちらで是非食べておきたいのが大人気となっている「麩嘉饅頭」。

滋野井という井戸のきれいな水が使われており、甘すぎず上品な味わいは京都の風情を感じることができます。

主な販売店 麩嘉 府庁前本店
所在地 京都府京都市上京区西洞院堪木町上ル東裏辻町413
アクセス 京都市営地下鉄烏丸線「丸太町」→徒歩10分
営業時間 9:00~17:00

10、あのん・あんぽーね

出典:https://www.a-n.kyoto.jp/

祇園に店舗があり、あんこをつかった技法をもとにさまざまな和風スイーツを提供している「あのん」。

その中でも「あんぽーね」は定番の商品となっており、じっくりと炊き上げた粒あんとマスカルポーネチーズを使用して作られた自家製クリームを最中に挟んで食べるというもの。

あんこと自家製クリームは非常に相性が良く、好みの量を加えて食べることができるので、自分に合わせた食べ方ができるのも嬉しい点です。

主な販売店 京都祇園本店
所在地 京都府京都市東山区清本町368-2
アクセス 京阪本線「祇園四条駅」→徒歩4分
営業時間 月~金曜日:12:00~20:00 、土曜日10:00~20:00、日曜日、祝日10:00~18:00
ホームページ https://www.a-n.kyoto.jp/

まとめ

京都で手に入るお土産、いかがでしたでしょうか?

京都には食べ物も、そうでないお土産も魅力的なものがたくさんあります。

京都に立ち寄った際はぜひ思い出として購入してみて下さいね!

じゃらんnetで宿泊予約はコチラ

-お土産

Copyright© ゆるとりっぷ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.